1. TOP
  2. お金が足りない
  3. 【お金が足りない】稼いでも貯金ができない!その原因と対処法

【お金が足りない】稼いでも貯金ができない!その原因と対処法

多くの方が抱えている『お金』に関する問題。あなたにもありませんか?

中でも深刻なのは、お金が足りないという悩みかと思いますが、金額の多い少ないに関わらず放っておくわけにはいきませんし精神的にも辛いものですよね。

そこで今回は、そんな問題を解消した方たちの体験談をご紹介します。是非ご参考にしてみてくださいね!

お金が足りないので貯金できない

小学生の子どもが2人いて、夫婦で月収30万足らずボーナスなし。

お金が足りないのでいつも赤字状態で貯金を崩さなければやっていけません。できれば貯金は崩したくありませんがお金がないのでやむを得ず・・・。

・夫の収入 月22万
・私の収入 月6万
・食費 4万5000円
・医療費 5000~1万円
・水道、光熱費 2~5万円
・ローンと積み立て 7万円
・スマホ代 2万円
・夫の小遣い 2万5000円
・雑費日用品費 5000円
・教育費 1万円
・習い事 1万円
・税金と保険 2万円

外食は年に1~2回です。夫はお酒もたばこもなし。

ですが、毎月お金がない状態でなかなか思うように子どものための貯金ができません。

月収がうちと同じくらいの方、また、お金が足りないと感じている方、どうやって貯金していますか?

A:まず光熱費の使用内容を見直しを!

光熱費がかなり高いですね。電気、ガス、水はどのように使用されているのでしょうか?

まず光熱費の使用内容を見直して、ここから節約していきましょう。

食費も4人家族でももう少し減らせると思います。

育ち盛りの年齢ですので、量が減らさずいかに安くボリュームのある美味しい料理を作れるかは奥様にかかってきますが。

また、現在は扶養に入られていると思いますが、毎月8万ほどであれば扶養範囲内になりますので、時給の良い働き先を見つけるか在宅で何かされるなどして、奥様の手取を増やすのもひとつの手かと思います。

家事育児も大変だと思いますので無理のない範囲で頑張ってみてください!

旦那さんのお小遣いは妥当かなと思います。

あと質問者さまは扶養に入られてますよね?
毎月8万ほどであれば扶養範囲内になりますので、在宅のバイトを追加で行うか時給の良いところへかえるかして奥様の手取を増やすのも手かと思います。
(ただ家事育児をやられていますので無理のない範囲ですが)

稼いでもお金が足りない

結婚して5年目になる30代前半の男です。

結婚当初は共働きでしたが、1年前に子供が出来てから妻は専業主婦になりました。

私が不動産経営をしているのもので、一般の家庭とは異なるかと思いますが稼いでも稼いでも妻は「お金が足りない」と言うので困っております。

家計費としては13万円を妻に渡してやりくりをお願いしていますが、本当にこれでは足りないのでしょうか?

13万の中から残ったお金を妻のお小遣いにしてくれと言っていますが、残らないどころか全然足りないそうです。

共働きの時の4年間は完全に財布を別にして生活費は全て私が払い、自分が働いたお金は好きにすれば良いと言ってきましたが貯金はほとんどしていませんでした。

ちなみに以下の支払いは私がしているので妻に渡している家計費13万円には含まれません。

・家のローン 駐車場等 8万円
・車の維持費ガス代、交通費込 6万円
・積立保険(将来の子供の学費) 6万円
・終身医療保険 3万円
・傷害保険、医療保険、生命保険 4万円
・水道光熱費等 2万円
・外食費等 2万~6万

また、家具や家電、服やアクセサリーなどを購入うする際は全て私が支払っています。

この状況で週に3~4回くらいしか作らない食費とその他の家計費で13万円で足りないことがあるのでしょうか。

私がもっと頑張って13万円以上を渡せば良い話かもしれませんが、それは将来良くない結果にならないかと不安でしょうがありません。

妻のことは大好きですし子供ももちろん可愛いです。

ですが、お金のことで不満を持たれたり喧嘩するのは私も精神的に苦痛ですし耐えられません。

妻と子供にとって、どのようにするのが一番良いのでしょうか?

A:夫婦の価値観を合わせること

生活水準は人それぞれで、何が正しいというわけではないですが、13万円渡して残りを小遣いにというのが問題かと思います。

奥さんにはきちんを決まった金額を小遣いとして渡すべきですね。

節約ができていない家庭の家計簿には、奥さんの小遣いが記載されてない事がほとんどですから。

専業主婦は働いていないという自覚があるので小遣いを家計簿に記載するのに気が引けます。

ですが、必ずお金は使います。

そして、記載せずごまかしてしまう事で自分がどれだけお金を使っているか分からなくなるのです。

それが、友達とのランチが交際費に記載したり、美容院や化粧品を医療費に記載されたりで、自分がどれだけお金を使っているか自覚がなくなるのです。

でも、何より大切なのは夫婦の価値観を合わせるようお互いが努力することではないでしょうか。

お金の事で喧嘩になるのは嫌なものですが、本音で話し合わなければ伝わらない事もあると思いますよ。